オフィス移転の業者選びのガイドブック~人気ランキング形式でご紹介~

TOP > オフィス移転の情報 > オフィス移転を行う際にかかる初期費用

オフィス移転を行う際にかかる初期費用

会社を経営している方なら、経験がある人もいるかもしれません。
会社を設立してから最初は小さなオフィスで少数の従業員と仕事を行っていたけれど、会社が成功し、規模が大きくなってくると人材を増やさなければ仕事が回りません。
人材が増えてくると、当然オフィスも大きな場所へ移動しなければなりませんよね。
では、オフィス移転にかかる初期費用はどのくらいが相場なのでしょうか。
まず、かかってくるのは賃貸料だけではありません。
オフィスにあるパソコンや机、ロッカーなど従業員が使用していたものを運ぶ事にも費用はかかってきますよね。
従業員1人当たりにかかる初期費用は、平均3万円~5万円が相場です。
机やロッカーなど大きなものになると、ビルのエレベーターを貸し切って移動する場合もありますし、クレーンなどを使った作業が必要になる場合はさらに費用がかかる事もあります。


また、移転先に工事や内装施す場合も当然費用はかかってきます。
パーテーションの設置や、配線の設置や電話なども仕事の業務に必要不可欠です。
これらの工事費用の相場は坪あたり20万円前後はかかるでしょう。
今まで使っていたネット回線を解約する場合も、な解約期間によっては違約金が発生する場合もありますので、そうなると1台あたり1~2万円を支払う必要がありそうです。
しかかる費用はそれだけではありません。
今まで使用していたオフィスで、いらなくなった廃棄物も出てくると思います。
新しいオフィスに伴い古いパソコンやデスクを処分するとなった場合、一般ごみで破棄する事はできない為、専門業者に連絡して処分してもらわなければなりません。
処分する量などにもよりますが、4トントラック1台の依頼で15万円前後が相場です。


その他にも、新しい家具や機械の購入などにかかる費用は安くても20万円は見ておいた方がよさげです。
従業員の人数や、借りるオフィスの坪の大きさによって必要になってくる金額が大きく変わってくるのは当然ですが、家賃などを含めないだけでも60万~100万円相当の費用はかかってきます。
どんなに小さなオフィスへ移動する事になっても、最低60万は見ておいた方が安心です。
また、賃貸でテナントを借りる場合には家賃がかかってきますよね。
最初は2カ月分の家賃を最初に支払っておかなければならないところが多いです。
他にも火災保険、共益費、資金礼金もかかってくるので、特別に大きく高級なオフィスでないにしても、100万~300万円はオフィス移転の初期費用としてかかると見ていいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー